リモートワークに理想的なワイヤレスイヤホン「ANKER Soundcore Liberty Air 2」レビュー

こんにちは、Shin( shin_plelife)です。

最近はリモートワークの割合が増えてきて、「有線のイヤホン」って不便だな、と感じることが多くなってきました。

Shin.
Shin.

絡まったコードをほぐすときとか、席を立つときの付け外しとか…

そこで、以前から気になっていたANKERの「ノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン」を導入してみたのですが…これがとっても快適で。

完全ワイヤレスなのでケーブルに縛られることなく音楽を楽しむことができるし、ノイズキャンセリング搭載なので相手との通話がクリアで軽快に。

さらに電池持ちも良くって、充電端子も USB-C で、専用アプリでイコライザーのカスタマイズもできちゃうのに8,000円という圧倒的なコスパを誇る『ANKER Soundcore Liberty Air 2』。

じっくり、レビューしていきますね。

スポンサーリンク

ANKER Soundcore Liberty Air 2

こちらが今回購入した『ANKER Soundcore Liberty Air 2』です。色はホワイトとブラックがありますが、僕はブラックを選びました。

ケースがとってもスリムで、ポケットにも余裕で入ります。持ち運びもラクラク。

形状は Apple の「AirPods Pro」に似ていますね。近未来的なデザインがクールな印象です。

Soundcore Liberty Air 2 のおすすめポイント

ノイズキャンセリング通話機能がすごい

ANKER Soundcore Liberty Air 2』の一番の特徴は、やはりこの価格帯で「ノイズキャンセリング機能」を備えていることです。

「ノイズキャンセリング機能」とは?

「ノイズキャンセリング機能」とは、イヤホンに内蔵されたマイクで周囲の音を拾って分析し、騒音を打ち消す逆位相を発生させることで雑音を低減させ、クリアな音声を相手に届ける機能です。

電車の走行音や飛行機のエンジンノイズなど、快適なリスニングを妨げるさまざまな騒音を低減させることができます。

リモートワーク中、相手の「雑音」が気になっちゃうことってありませんか? たとえば店内のBGMとか、近くにいる家族の声とか。

とくに複数人でのリモートワークだと、1人の雑音のせいでみんなが聞き取りにくくなります。ここはやはりマナーとして、雑音交じりの会話は控えたいですよね。

ところが、この『ANKER Soundcore Liberty Air 2』なら、周囲の音を打ち消すノイズキャンセリング機能が付いているので心配ナシ。

実際に使ってみたところ、その効果は想像以上で。妻が隣の部屋でテレビを見ていても、同僚からは「すごい!お前の声しか聞こえない!」というフィードバックを頂きました。

Shin.
Shin.

まさに「リモートワークにピッタリ」なワイヤレスイヤホンです!

追記

相手にクリアな音を届けられるだけでなく、自分にもクリアな音が聞こえてくるというノイズキャンセリング機能の上位互換「ウルトラ・ノイズキャンセリング機能」を搭載したイヤホン『Soundcore Liberty Air 2 Pro』が後継機として発売されました!

自分自身もクリアな音楽を楽しみたい!という方はコチラの方がおすすめです!

片耳だけ使う「モノラルモード」が便利

ANKER Soundcore Liberty Air 2」は、遮音性が高いカナル型のイヤホンを採用。深い没入感が楽しめます。

しかし、リモートワーク中は周囲の音が聞こえづらく、少し不便に感じることもあります。

そんなときに便利なのが、片耳だけを使用する「モノラルモード」。使わない方はケースに収納しておけば充電ができるので、交互に使えば電池切れの心配ともオサラバできちゃいますよ。

Liberty Air 2 は USB-C 充電

これだけの USB-C が普及しているのに、まだまだ Micro USB 充電(AirPods ProはLightning充電)の製品が多いワイヤレスイヤホン界隈。

Shin.
Shin.

数種類のケーブルを持ち運ぶのは面倒くさいですよね…

でも『Soundcore Liberty Air 2』なら、汎用性の高い USB-C 端子が採用されていて、他のガジェットと充電機器を併用することができるのでとても便利です!

また、この価格帯でワイヤレス充電にも対応しており、置くだけでかんたんに充電することができます。

最近はスマホでもワイヤレス充電に対応している機種が多いですから、この機会に導入してみるのも良さそうです。

Liberty Air 2 はバッテリーもパワフル

完全ワイヤレスイヤホンの明確な弱点に、「再生時間の短さ(バッテリー性能)」がありますよね。本体が小さいので、搭載できるバッテリーも小型化せざるを得ないからです。

ところがこの『Soundcore Liberty Air 2』のバッテリー性能はとってもパワフル!

Shin.
Shin.

イヤホン本体だけで7時間、ケース併用で28時間の連続再生に耐えられるんです!!

リモートワーク中は長時間つけっぱなしになることも多いので、バッテリー持ちがいいのは有難いですよね。

音質のカスタマイズが最高!

さて、ここまでは「リモートワーク用のワイヤレスイヤホン」として紹介してきましたが、『Soundcore Liberty Air 2』は音楽を聴くのにも、間違いなく完成度の高いワイヤレスイヤホンです。

とくに専用のアプリ「Soundcore」の完成度がすごくて。なんとこのアプリで「イコライザーの調整」ができちゃうんです!

Shin.
Shin.

イコライザー機能で微調整をして、自分好みの音質にビタッとハマった瞬間は最高ですよ!!

プリセットの種類も多く、カスタマイズの幅も広め。正直これだけで ANKER のワイヤレスイヤホンをおすすめできる価値があると言っても過言ではないと思います。本当にすごい。

まとめ

というわけで、僕が『Soundcore Liberty Air 2』を購入して感じたメリットをご紹介しました。

リモート通話用のマイクとして使ってもよし、音楽を聴くためのイヤホンとして使ってもよし。

小さいのでどこにでも持ち運べる、とても優秀なイヤホンです!

Shin.
Shin.

僕はリモートワーク用に買いましたが、想像以上に音質が良かったので音楽を聴きまくっています(笑)

コスパのいい完全ワイヤレスイヤホンを探している方はぜひチェックしてみてくださいね。

追記

相手にクリアな音を届けられるだけでなく、自分にもクリアな音が聞こえてくるというノイズキャンセリング機能の上位互換「ウルトラ・ノイズキャンセリング機能」を搭載したイヤホン『Soundcore Liberty Air 2 Pro』が後継機として発売されました!

自分自身もクリアな音楽を楽しみたい!という方はコチラの方がおすすめです!

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました