Kindle Paperwhite(第10世代)を1年間愛用し続けて感じたメリット・デメリットについて

こんにちは、Shin( shin_minimalist)です。

今回はkindleを実際に使って感じたメリットや、kindleの購入を考えている人に向けて「お得に購入する方法」を解説していきます!

kindle について

そもそもKindleってなに? という人もいるかもしれませんので、ザックリですが説明しておきますね。

Kindleとは、Amazon(アマゾン)が提供する電子書籍サービスの総称のことです。

この記事では電子書籍を販売するサービスのことを「Kindle」、電子書籍を読むための端末(今回購入したもの)を「kindle端末」または「Kindle Paperwhite」と呼ぶことにします。

スポンサーリンク

kindle端末を購入するメリット

この Kindle のサービスは、こちらのアプリをインストールすれば、スマホやタブレットなどでも利用することができます。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

しかし、今回僕が購入した Kindle Paperwhite は「電子書籍」を読むことに特化したガジェット。

ですからスマホやタブレットにはないメリットがあります。とくに、

kindle端末を購入するメリット
  • ブルーライトゼロで目に優しい
  • バッテリーが長持ち
  • 数千冊の書籍を保存できる
  • 薄いからどこにでも持ち運べる
  • 自動でしおりをはさんでくれる
  • 紙の本より値段が安い

あたりは、僕が購入に踏み切ったポイントでもあります!

それぞれ、解説していきますね。

1.Kindle端末は目に優しい

僕らがいつも使っているスマホやタブレットの液晶画面からは、絶えず「ブルーライト」と呼ばれる光が発せられています。

これを裸眼で受け続けると、目にダメージが蓄積され、眼精疲労の原因になるそうです。

なので、そもそも読書目的でスマホやタブレットを使用することは、身体にとっては負担が大きいんですね。

しかし、Kindle Paperwhite の場合は E-Ink という「まるで紙の本のように読書が楽しめる」特殊なディスプレイを搭載しており、ブルーライトは一切出ません。

目に負担をかけずに、思いっきり読書を楽しむことができます。

2.バッテリーが長持ち

Kindle Paperwhite のバッテリーは本当に長持ち。

一度充電すれば、数週間読書をお楽しみいただけます。

引用元: Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

商品説明にはこのように書いてありますが、僕も1カ月に 2~3 回くらいしか充電していません。

これだけのロングバッテリーだとモバイルバッテリーやUSBケーブルを持ち出す必要もなさそうです。

スマホで読書をするとあっという間に電池が減りますから、外出先で本を読みたい人は kindle端末がおすすめです。

3.数千冊の本を保存できる

僕が購入した Kindle Paperwhite の容量は8GBモデル。そのため、書籍なら数千冊、容量が大きいマンガも約130冊を保存して持ち歩けます。

ちなみに32GBモデルなら、マンガを約650冊保存することが可能。

マンガが好きな人は、32GBモデルを検討された方がいいかもしれませんね。

4.軽くて薄いからどこにでも持ち運べる

これだけの書籍を保存できるにもかかわらず、Kindle Paperwhite はめちゃくちゃ薄いです(約0.8㎝)。

重さも約180gと軽く、本を1冊持ち歩くよりも断然スマートですよ。

5.どこまで読んだかすぐにわかる

紙の本だと、栞の挟み忘れなんかで「どこまで読んだかわからなくなる」ときってありませんか?

Kindle Paperwhite なら、自動的に中断したページから表示してくれます。

しかも、何冊も同時にブックマークすることができます。いろんな本を同時に読み進めることができるので、個人的には嬉しい機能。

6.紙の本より値段が安い

あとはこれ。紙と違って資材や郵送にかかるコストが少ないので、必然的に紙の本よりも安く購入できます。

セールも頻繁にやっていますよ。

【50%ポイント還元】冬のKindle本キャンペーン

しかも、一部書籍が月額980円で読み放題になるサービス『Kindle Unlimited』を利用すれば、対象の本なら読み放題!

Shin.
Shin.

Kindle を買ったらぜひ登録しましょう~!

▼ Kindle Unlimited の詳細はこちら ▼

Kindle端末を購入するデメリット

もちろん、決して良いことばかりではありません。改善してほしい点、購入前に知っておくべき点もあります。

1.充電端子が「USB-C」じゃない!

まずはここ。Kindleの充電端子って「microUSB」なんです。

Shin.
Shin.

いまどき充電端子が「USB-C」じゃないガジェットなんてiPhoneくらいなのに…!

僕は手持ちのガジェットをすべて「USB-C」で統一しているので、ここは少し不便に感じます。

もし次の11世代で改善されたら、買い替えようかな。ただ、バッテリーの持ちは相当いいので、普段の使い心地にはそれほど影響していません。

2.Kindleは価格が不安定

正直に言うと、僕も Kindle Paperwhite を購入するにあたって、すごく迷いました。

だって購入しても、肝心の中身(書籍データ)を購入しなければ「ただの板」ですから。笑

それならその金額で、紙の書籍を買った方がいいんじゃないの?そんな1ヶ月に何冊も読むほどの読書家でもないし…とすら思っていたのですが、

安心してください。セールでめっちゃ安くなります

定価で購入する人には「ちょっと待って!」と言いたくなるレベルですよね。笑

プライムデー、サイバーマンデー、ブラックフライデー…

けっこう頻繁に安くなるので、ぜひこういったセール日を狙ってお得にゲットしてくださいね!

まとめ

というわけで、Kindle Paperwhiteを1年愛用して感じたメリット・デメリットについて書きました。

やはりメリットのほうが圧倒的に大きいですね。僕も購入前はそこまで読書好きじゃなかったのですが、Kindle Paperwhite のおかげでたくさんの本を読みました。

知識と教養が少しばかり身についてくると、世界の見え方が変わります。

ダラダラと YouTube を眺めていた時間を「読書」に変えただけですが、仕事や人間関係もそこそこ上手くいくようになってきました。

読書ってすごいですね。これからも楽しみます。

それでは。

あわせて読みたい

kindle端末を持ち出すなら、薄くて収納力のある「サコッシュバッグ」がおすすめです!

僕が愛用しているPORTERの「ミュゼット」というモデルについては、下記にレビューしていますので、どうぞご参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました