ミニマリストにピッタリ!ほどよく小さいサイズ感の「SLOW(スロウ) ハービーミニウォレット」

こんにちは、Shin( shin_plelife)です。

僕は京都の北の方にある田舎町に住んでいるのですが、最近になってようやくスマホ決済対応のお店が増えてきました。こうなってくると本当に便利で、なんだか以前よりも身軽に外出することができますね。

ただ、スマホ決済がメインになると、どうしても「財布の存在感」が気になってしまって(笑)

使用頻度が減ったのなら、もう少しスリムで小さなものにしよう。でも小さすぎても使いづらいから、ほどよい大きさのものがいいな…と思っていたら、こんな「ちょうどいい」財布を見つけてきました。

スポンサーリンク

SLOW ハービーミニウォレット(ラウンドファスナー)

それが今回購入したSLOW(スロウ)というブランドのミニ財布。

その名を「ハービーミニウォレット」といい、二つ折りタイプとラウンドファスナータイプがあります。

Shin.
Shin.

僕はラウンドファスナーにしました!

国産レザーブランド【SLOW】について

SLOW公式サイトより引用

このSLOWというブランドは、革製品が好きな人の間では有名な国産レザーブランド。リアル店舗も全国各地に展開しています。

SLOW(スロウ)というブランドネームは、移り変わりの激しい時代に流されずゆっくりと創作を追及していきたいというモノ創りのスタンスを示しています。

「自分たちが持ちたくなるモノを作る」という精神を原点に、使うほど味わい深くなるモノ・ゆっくり永く愛用できるモノを日本の職人が誇る技術を駆使し創作しています。

SLOW公式サイトより引用

ここの製品はどれも質実剛健。年をとっても使えそう、というよりも、むしろ一緒に年をとりたいなと思わせてくれるような製品ばかりなので、気になった方はぜひオンラインストアもチェックしてみてください。

レザーの質はどう?

このハービーミニウォレットにも、1941年創業の歴史ある日本のタンナー、三陽社製のフルベジタブルタンニングレザーが使用されています。

革の厚さは普通ですが、使い始めはやや硬めかな?という印象。ハリがあって重厚感があります。

今はマットな革質ですが、使い続けていくうちにエイジングが進んで、きっと綺麗なツヤが出てくるのでしょう。また経年変化の様子はブログでアップしようと思いますが、今から楽しみです。

他の財布とサイズ感の比較

この「ハービーミニウォレット」のいちばんのお気に入りポイントは、「サイズ感」です。

ジーンズの前ポケットにもすんなり入る、使いやすいサイズ。ちなみに数値で表すとこんなかんじです。

ただ、これだけだとわかりづらいので、長財布や二つ折り財布と並べて比較してみましょうか。

長財布 VS ハービーミニウォレット

長財布と比べてみると、当たり前ですがその差は歴然。半分以下のサイズですね。

二つ折り財布 VS ハービーミニウォレット

二つ折り財布と比べてみると、横幅はほとんど変わりませんが、縦が 2㎝ ほど小さくなっています。

わずかな差ではありますが、使ってみるとこの差がけっこう大きいんですよね。ポケットへの仕舞いやすさや、取り出しやすさがガラッと変わります。

お札がそのまま入る収納力

それともうひとつ、この「ハービーミニウォレット」の気に入っているところがあって、それは「お札の仕舞いやすさ」。

僕も以前は使っていましたが、よくある「小さな財布」ってお札を三つ折りにしないと収納できないタイプのものが多くて。

Shin.
Shin.

不器用な僕は、いつも会計でモタついてたんですよね…

けどこのハービーミニウォレットなら大丈夫。朝日ファスナーのWALDESと名付けられた滑らかなジッパーをするする…っと開けると、

なんとこのように、お札やレシートを折らずにそのまま収納することができるんです。この小ささで。

ちなみに開いた状態がこちら。右側がコインケース、左側がカードスリットになっています。

コインケースはガバッと開くので、中身をかんたんに見渡せます。これは本当に便利。

カードもシュパッと出すことができるので、支払いもスムーズです。

ちなみにカードのスリットは全部で4ヵ所。なので僕は、

  • 運転免許証
  • 楽天カード(クレジット+楽天Edy)
  • 健康保険証
  • キャッシュカード

を入れています。その他のカードは別のカードケースに入れて、必要に応じて持ち出していますね。

【注意】ミニじゃないタイプもあるよ!

ちなみにこのハービーミニウォレットには、ミニじゃないタイプもあります。間違えて購入されないように、あわせてご紹介しておきますね。

それがこの「ハービーウォレット」。僕が購入したミニタイプよりも縦幅が 2㎝ 大きくなっているのですが、なんとカードが8枚収納できます。(ミニタイプは4枚)

また、札入れが2層式になっています。お札と領収書を分けておきたい人にも使いやすい仕様ですね。

もう少し収納力のある財布がいいな、という方には、こちらのおススメです。

これが僕の「最後の財布」

これからの時代、どんどん会計のキャッシュレス化が進んでいくのは誰が見ても明らか。

「ブロックチェーン」などの新しい技術も開発されていますし、もしかすると近い将来「現金」は過去の遺産になっていくのかもしれません。

であれば、きっとこのハービーミニウォレットが僕にとっての「最後の財布」になるでしょう。財布が必要ない時代がやってくるまで、手入れしながら大切に使っていきたいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました