履き心地抜群!グラミチ テックニットスリムフィットパンツのレビュー【Nikeのテックフリースとの違いは?】

ミニマリストのボトムスとして、完璧なのでは?

こんにちは、Shin( shin_minimalist)です。

僕はよく「Nike テックフリースジョガーパンツ」というパンツを履いています。

こちらでも以前紹介しましたが、スタイリッシュな見た目柔らかい履き心地 が最高の休日ボトムスです。

とても気に入っているので、洗い替え用にもう1本買おうかな~? と思っていたのですが…実は先日、ちょっと気になるボトムスに出会いまして。

思い切って購入したら、これがめちゃくちゃ良かったので、このブログでもご紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

Gramcci テックニットスリムフィットパンツ

それがこちらの「Gramcci テックニットスリムフィットパンツ」です。

クライミングパンツで有名な グラミチ というブランドの新作で、ブランドのルーツである「クライミングシーンにおける機能性」を残しつつ、現代のライフスタイルに合わせた、ストレッチ性の高いスリムフィットパンツです。

カラーバリエーションはブラック・ヘザーチャコール・ダブルネイビーの3色。僕はブラックを選びました。

ray online store より引用

Gramicci (グラミチ)について

Gramicci公式サイトより引用

グラミチの誕生は1982年。「ロッククライマーの聖地」と呼ばれたアメリカ・カリフォルニア州で “ストーンマスター” と呼ばれた伝説のロッククライマー、マイク・グラハム氏が創設者です。

彼は「ガゼットクロッチ」「ウェイビングベルト」など、当時のクライミングウェアにはなかった機能的なディテールを開発し、これらの機能を盛り込んだクライミングパンツを販売。

これが全米はもちろん、世界的に大ヒットして、今ではタウンユース(街着)としても広く受け入れられるようになりました。

クライミングパンツの機能性

なのでもちろん、この「Gramcci テックニットスリムフィットパンツ」にもクライミングパンツ特有のさまざまな機能が搭載されています。

たとえば足を180℃ 開脚できる「ガゼットクロッチ」や、

片手で締める、緩めるといった調節がかんたんにできる「ウェイビングベルト」などですね。

もちろんベルトにはブランドアイコンである「ランニングマン」が刺繍されています。

ちなみにフロントはジッパーフライ。

ポケットは全部で4つあります。バックポケットにはブランドタグのほか、物が落ちにくいようにマジックファスナーが付いていますね。

普段のパンツとは一線を画す、便利で快適なディテールたち。まさに休日着にピッタリな仕様だと思います。

スタイリッシュなシルエット

Gramcci テックニットスリムフィットパンツ」を実際に履いている画像をみると、やはり商品名に「スリムフィット」と表記してあるように現代的な細身のシルエットです。

ray online store より引用

どうやらこの「Gramcci テックニットスリムフィットパンツ」、グラミチパンツのなかでも もっとも細いシルエット が採用されたそう。

確かに、パッと見は完全に「UNIQLOの黒スキニー」ってかんじです。

それでも窮屈さを感じないのは、先ほど紹介したさまざまなディテールと、グラミチが新開発した「Wニットストレッチ素材」のおかげですね。

新開発のWニットストレッチ素材

Gramcci テックニットスリムフィットパンツ」の生地は、新開発のWニットストレッチ素材が使われています。

弾力性のある肉感、膨らみとハリ感があり、生地の中に空気を溜めることで保温性にも優れているニット素材を使用し、スリムフィットながらストレスなく着用いただけます。

Gramicci公式サイトより引用

これがすっごく柔らかくて。なめらかでツヤがあるというか、モチモチした生地です。ストレッチ性は抜群。

Shin.
Shin.

グングン伸びるので、膝の曲げ伸ばしもかなり楽ですよ~!

あと、確かに保温力があって、冬でもこれ1枚で過ごせるくらい暖かいんですよね。しかもこれ、暖房の効いている部屋に移動しても全然ムレないんですよね!

寒い場所でも、暖かい場所でも快適に過ごせるすごいパンツです。公式サイトによれば、夏でも快適に過ごせるらしいんですけど、この様子だとちょっと期待できますね。

Nike テックフリースジョガーパンツとの違いは?

はじめに書いたように、僕はすでに休日用のボトムスとして「Nike テックフリースジョガーパンツ」を愛用しています。

この「Gramcci テックニットスリムフィットパンツ」も同じような目的で購入したので、ここからは テックフリース VS テックニット の素材を比較してみたいと思います!

テックフリーステックニット。どちらもテック(科学技術)により従来の性質を大幅にアップデートした機能性素材ですが、実際に比べてみるとどうでしょうか?

原材料の違い

まずは使われている原材料から比べてみましょう。

Nike のテックフリース…コットン 66%、ポリエステル 34% 

Gramicci のテックニット…ポリエステル 78% レーヨン 16%  ポリウレタン 6%

Nike のテックフリースが天然繊維(コットン)をベースに作られているのに対して、Gramicciはすべて化学繊維で作られていますね。加水分解してしまうポリウレタンが若干入っているのはマイナスポイントかな。

耐久性については、いつかまた記事にしてアップします。毛玉ができにくいそうなので、そこは期待しているんですけども、どうかな?笑

素材感の違い

テックフリース はコットンベースの生地なので、見た目は普通のスウェットに近いですね。ポリエステルも入っているので、シワやヘタリなどの劣化に強くなっています。

一方 テックニット はポリエステルベースの生地。どちらかと言えばジャージに近い生地感です。形状記憶力が強いので、シワが付きにくくて速乾性の高いのが特徴です。

これらの特徴をザックリまとめると、

  • テックフリース → スウェットに近い
  • テックニット → ジャージに近い

となるでしょうか。

Shin.
Shin.

少々乱暴ですが、たぶんこれが一番伝わりやすいと思って(笑)

ファッション性の違い

Nike のテックフリースジョガーパンツは、メリハリのあるシルエットや大きなジップポケットが特徴的。

パーカーやスニーカーなどのスポーティなアイテムがよく似合います。

しかしその反面、ジャケットやシャツ、革靴などのドレスなアイテムが似合いません。

Gramcci テックニットスリムフィットパンツ」は、素材の見た目こそテックフリースジョガーパンツとよく似ていますが…履いてみると普通の黒スキニーみたいな雰囲気。

トップスや靴を選ばない万能さが、使っていてとても便利だなと感じます。

まとめ

というわけで、最近購入した「Gramcci テックニットスリムフィットパンツ」のレビューと、過去に同じようなシチュエーションで着るために購入していた「Nike テックフリースジョガーパンツ」との比較でした。

僕がとくに気に入っているのは、やはり「Gramcci テックニットスリムフィットパンツ」の合わせやすさです。

あらゆるシチュエーションに対応するレンジの広さは魅力的。これからもたくさん使っていこうと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました