まるで『ジェネリックNewbalance』…?ムーンスター810s(エイトテンス)「スチューデン」のコスパがヤバすぎた

こんにちは、Shin( shin_plelife)です。

僕はスニーカーが好きで、なかでも「Newbalance」は学生のころからずっとリピートし続けているくらい好きです。

どんな服装にも馴染むクラシックさと、足を包み込むような履き心地の良さが気に入っていて、過去にはNewbalanceの靴しか持っていない、という時期もありました(笑)

Shin.
Shin.

ただ、お気に入りのスニーカーだからこそ、雨が降って汚れたりすると気分も沈んでしまう…

そこで、もっと気軽に履けるものを探していたのですが…ついに先日、今の僕にとって「ちょうどいい」スニーカーを見つけました。

スポンサーリンク

ムーンスター【810s】スチューデン

それがこちら。ムーンスター 810s(エイトテンス、と読みます)の人気モデル「スチューデン」です。

見た目はNewbalanceの574シリーズを彷彿とさせるような、クラシックなスポーツシューズ。

Newbalance574
Shin.
Shin.

Newbalance好きの僕にぶっ刺さるデザイン!

僕はブラックを選びました。ちなみに他にも、

  • エクリュ
  • ネイビー
  • グレー

が展開されています。どれもクセがなくて使いやすそうな色ですよね。

810s (エイトテンス)とはどんなブランド?

知らない方のために一応説明しておくと、810s はゴム産業で有名な福岡県久留米市の老舗シューズメーカー「ムーンスター」の新プロジェクト のことです。

ムーンスターといえば、上履きや作業靴などの「専門靴」を販売していることで有名ですが…

810s は、そんなムーンスターの「専門靴」を、機能性はそのまま現代風にアレンジしたスニーカーを提案・販売する新ライン。

ちなみにブランド名は「腹八分目」を意味する「8/10(eight-tens)」から。

ちょうどいい」とか「ほどよく」というブランドイメージが込められているそうです。

どれもだいたい¥5,500~とコスパが良く、かつ機能的なものが多いので、僕もめちゃくちゃ好きなシリーズなんですよね。

Shin.
Shin.

こちらの 公式HP から、全ラインナップを確認することができますよ~!

スチューデンの特徴やサイズ感のレビュー

そんなわけでこの「スチューデン」も、もともとは学生用のグラウンドシューズ「SC ATHLETIC 007」を 現代風にアレンジしたモデル となっています。

SC ATHLETIC 007

具体的には、

  • 側面のロゴの廃止
  • アッパーにスエード風の素材を使用
  • 靴ひもは細めのものに変更

といった部分がアップデートされて、これにより学生用の運動靴から「大人向けのスニーカー」へと生まれ変わりました。

ですから、本来のスポーツスタイルはもちろん、綺麗めのスラックスにもハマります。

カチッとした服装にほどよいリラックス感を加える、僕の大好きなスタイルです。

機能面は学生用シューズのまま

このように見た目が大幅にアップデートされた「スチューデン」ですが、機能性はもとの学生用グラウンドシューズからしっかり引き継がれています。

たとえば、ソールには「EVA」という素材が使われていて、見た目のわりにめちゃくちゃ軽かったり…

片足で300gほどです

足首はふかふかのクッションで覆われていたり…

かかと部分には「ヒールカウンター」というパーツが組み込まれていたりします。

このヒールカウンターには、

  • 体幹の働きを補助する
  • 踵(かかと)の骨の安定性向上
  • 靴の履き口の形状を保持
  • 歩く際の進行方向を誘導歩行時のサポート

といった役割があるそうで、このあたりの安全性はさすが学生用のシューズといったところですよね。

また、夜道での安全性を高めるセーフティブライト(反射材)も前後についています。

これにより夜道を歩いていても、車のライトに反射して光るので、ウォーキングシューズとしても使用することもできます。

まさに、デイリーユースに「ちょうどいい」デザインに仕上がっています。

これだけの完成度で、5,500円!

そしてなによりも驚くべきは、810s シリーズの圧倒的なコストパフォーマンス。なんとこの「スチューデン」も、お値段たったの「5,500円」!

Shin.
Shin.

Newbalanceの半額くらいですね(笑)

これだけの低価格で、このクオリティのスニーカーが購入できるのは、長年国内で学生用のスニーカーを作り続けてきたムーンスターならでは。

雨の日にもガンガン履いていける気軽さが、とっても気に入っています(笑)

サイズ感・履き心地について

あとは気になるサイズ感ですが、「スチューデン」のワイズは3E。どちらかというと「幅が広め」なスニーカーだと言えます。

日本人は足の幅が広い人が多いので、やはり「日本人向けのスニーカー」だと言えますね。いつものサイズを選んでいただければ大丈夫 です。

ちなみに Newbalance CM997H のワイズはD。やや細身のスニーカーなので、やはりスチューデンの方がつま先がゆったりとしている感覚はあります。

コンバースのような細身のスニーカーが苦手、という人にとっては安心して履いてもらえるのではないでしょうか。

まとめ

というわけで、僕が最近愛用している 810s の人気モデル「スチューデン」についてレビューしてみました。

見た目はNewbalanceのような大人向けスニーカーですが、もともとは学生用のグラウンドシューズだったこともあって、機能性とファッション性のバランスがちょうどいいスニーカー。

そしてなにより、圧倒的なコストパフォーマンスで試しやすいのがいいですよね。

Newbalanceがお気に入りの僕ですが、これからは「スチューデン」と併用していきたいと思います。

それでは。

ちなみに同じ810s シリーズのサンダル「オルパ」も愛用中です。気になる方はぜひこちらの記事もご覧ください~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました