ムーンスター810s(エイトテンス)のサンダル、「オルパ」のレビュー!サイズ感を調整できるユニバーサルデザインがいいよね

こんにちは、Shin( shin_plelife)です。

以前ご紹介した ジェネリックNewbalance こと『810s Studen』。足馴染みが良くて、今でもヘビロテしています。

そんなムーンスター【810s】から、ついにブランド初となる「サンダル」が登場しました!

介護用のシューズを現代風にアレンジにした、ユニバーサルデザインのサンダル。無事に予約していた商品が届きましたので、さっそくレビュー記事を書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

810s(エイトテンス) オルパ

というわけで、こちらが 810s(エイトテンスと読みます)の「ALLPE(オルパ)」です。

幅の広いストラップと、厚めのソールが印象的なルックス。どことなくビルケンシュトックの「チューリッヒ」を彷彿とさせますよね。

僕はブラックを選びましたが、他にもホワイト(ちょっとアイボリーっぽい)がありました。

mono-ra より引用

クールな印象のブラックに対して、ホワイトは柔らかい印象。女性にもよく似合うと思います。

Shin.
Shin.

僕も妻にプレゼントしようと思っています(おそろいで履きたい笑)

ちなみにパッケージはこんなかんじでした。めっちゃシンプルですが、そのぶん「なにが入っているんだろう?」とワクワクさせてくれます。

810s (エイトテンス)とはどんなブランド?

知らない方のために一応説明しておくと、810s はゴム産業で有名な福岡県久留米市の老舗シューズメーカー「ムーンスター」の新プロジェクト のことです。

ムーンスターといえば、上履きや作業靴などの「専門靴」を販売していることで有名ですが…

「810s」は、そんなムーンスターの「専門靴」を、機能性はそのまま現代風にアレンジしたスニーカーを提案・販売する新ライン。

ちなみにブランド名は「腹八分目」を意味する「8/10(eight-tens)」から。

ちょうどいい」とか「ほどよく」というブランドイメージが込められているそうです。

どれもだいたい¥5,500~とコスパが良く、かつ機能的なものが多いので、僕もめちゃくちゃ好きなシリーズなんですよね。

Shin.
Shin.

こちらの 公式HP から、全ラインナップを確認することができますよ~!

オルパの特徴やサイズ感のレビュー

この「810s オルパ」も、もともとはムーンスターの「パステル 406」という介護用シューズをアレンジしたものです。

これは甲部分の折り返しストラップによって、足が不自由な人でも履きやすいように設計された ユニバーサルデザイン のシューズですね。

ユニバーサルデザインとは?

「すべての人のためのデザイン」という意味で、年齢や能力、状況などにかかわらず、できるだけ多くの人が使いやすいように工夫されたデザインのこと。

この「折り返しストラップでフィット感を調節可能」というデザインを引き継いだことが「810s オルパ」の最大の特徴と言えるでしょう。

折り返しストラップでフィット感を調節可能

そもそもサンダルって、スニーカーのように靴ひもをきつく縛ったり、中敷きを入れたりといったサイズ調整がしづらいですよね。

Shin.
Shin.

サンダル、どうしてもアバウトなサイズ感で選びがち説…

ところがこの「810s オルパ」は、マジックテープが付いた太めのストラップをべリベリっとめくって…

あとは好きな位置に張り付けるだけで、どんな足にもフィットさせることができるというデザインになっています。

ですから「甲が高い」「足幅が広い」などの悩みはもちろんのこと、たとえば素足のときはキツめにしたり…

厚手の靴下を履くときは緩めに、みたいな調整もかんたんにできます!

やはりサイズの合ったサンダルでないと、歩行時に痛みを感じたり、疲れやすくなりますからね。いつでも「自分サイズ」で履けるのは気持ちいいです。

ぶ厚いソールで、履き心地もGood!

フィッティングの機能性に注目されがちな「810s オルパ」ですが、個人的には サンダルとしての履き心地 も好きなんですよね。

ソールが厚くて、他のサンダルよりもふかふか。

しかも、ストラップの裏側にまでクッションが入っているんです!

なので、いい意味でサンダルらしくないというか、まるでスニーカーのような履き心地なんですよね。

これは以前購入した「無印良品 足なりサンダル」と比べてみても、その差は歴然でした。

見た目に反して「軽い」

ちなみにソールには「EVA」という素材が使われていて、意外と軽いのも特徴。Mサイズで 550g くらいです。

ソールの溝も細かく掘られているので、グリップ力は結構あります。雨の日でも安心して履いていけそうですね。

抜群のコストパフォーマンス

これだけの機能性を持ちながら、「オルパ」のお値段は5,500円 +税 と めちゃくちゃ安い んですよね。

ビルケンシュトックのサンダルが 2万円前後、クロックスが 2,000 ~ 4,000 円ほどであることを考えると、これだけのサンダルが6,000円で買えるのはなかなかのコストパフォーマンスだと思います。

Shin.
Shin.

というか、810s シリーズの靴はどれも安くて助かる…!

まとめ

というわけで、ムーンスターの「810s オルパ」をじっくりレビューしてみました!

今の時期はジーンズに合わせてラフに出かけたいですし、夏になればこんなかんじのオーバーサイズのTシャツ × ハーフパンツで涼しげに履くのもイイなぁ。

お気に入りのサンダルに出会えると、なんだか夏が待ち遠しくなりますね!

それでは。

ちなみに同じ810s シリーズの「スチューデン」も愛用中です!気になる方はぜひこちらの記事もご覧ください~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました