Amazonレビュー3,000件で★4.4!白Tシャツならヘインズの「ビーフィー」で決まりだね

こんにちは、Shin( shin_plelife)です。

僕は洋服が好きですが、どちらかというと流行を追いかけるよりも、いつの時代も愛されるようなシンプルでクラシカルなものに惹かれます。

そういう「定番商品」には長く使えるだけの理由があるし、ボロボロになっても同じものを購入すれば、引き続き愛用できますからね。

今回ご紹介したい「ヘインズのビーフィー」も、僕が毎年愛用しているモノのひとつです。

極めてシンプルなTシャツですが、繰り返しリピートするだけの「理由」がそこには確かにあるんですよね。

スポンサーリンク

Hanes BEEFY-T

無地のTシャツを探していると、必ず名前の上がるヘインズ(Hanes)というブランド。

1901年にアメリカで設立した、紳士用アンダーウェアのブランドです。

Shin.
Shin.

すでに100年以上の歴史がある「老舗ブランド」なんですね!

設立してからはしばらくアンダーウェア専門のブランドでしたが、次第にアパレル事業にも取り組むようになり、1975年に「BEEFY(ビーフィー)」というモデルを発売。

これがたちまち大ヒットとなり、現在でもAmazonレビュー3,000件、そして平均評価も「4.4」という、驚異のロングセラーモデルになったんです。

みんなに選ばれる理由とは…?

とはいえ、白の無地Tシャツなんて、昔からどこにでも売っています。それでもなぜ、ここまで ヘインズの BEEFY が選ばれるのでしょうか?

僕が思うに、その理由は次の3つ。

「厚み」「着心地」「価格」の3点のバランスが完璧だから、だと思います。

ヘインズの BEEFY は生地がイイ!

一般的に布の厚さを測る単位には「オンス」が使われるのですが、ヘインズの BEEFYは、通常のTシャツがだいたい4~5オンスであるのに対して、6.1オンスと「ちょっとだけ厚め」です。

なのでこんなふうに手を入れてみても、肌色が透けません。

Shin.
Shin.

これなら「乳首透け」問題も回避できますね!笑

薄ければ乳首が透けるし、厚ければ暑くなるという、意外とシビアなTシャツの「厚さ(オンス)」ですが、ヘインズ「BEEFY」は本当に「ちょうどいい厚さ」なんですよね。

ヘインズの BEEFY は着心地がイイ!

また、ヘインズがもともとアンダーウェア専門のブランドだったこともあり、この「BEEFY」の着心地も最高です。

生地は綿100%の柔らかいものを使っていますし、縫製も両サイドに縫い目のない丸胴ボディを採用。

また、首元にあるネームタグもないのでチクチクしないのも、ありがたいですよね。

ちなみに洗濯表示タグは左腰についています。タックインしない限り肌に触れることもないので、これも着心地の良さを追求したカタチですね。

Shin.
Shin.

だから着ていて「気持ちがいい」んですよね~!

ヘインズの BEEFY はコスパがイイ!

さらに、ヘインズ「BEEFY」はその商品名が意味するように、牛(=BEEF)のようにタフなTシャツに仕上がっていて、耐久性もバツグン。

首回りは繰り返し洗濯しても型崩れしにくいような太めのリブが採用されています。

生地も頑丈なのでヘタレにくく、さらになんといっても価格が安いので、小さなお子さんがいるパパにもおすすめできますね!

Shin.
Shin.

僕も今着ているものは愛用して2年くらいですが、まだまだ大丈夫そうです!

注意点は「作りが少し甘い」こと

と、ここまではベタ褒めしてきましたが、もちろん注意点というか、気になる部分もあります。

とくに「縫製」についてはイマイチかな。ある程度予想していたのですが、「ちょっと作り甘くね…?」と思うところがあちこちにあります。裏側の糸の飛びや、ほつれなど。

同じような価格帯のTシャツを比べてみても、まだ日本の企業であるUNIQLOの方がしっかりと検品してくれているイメージかな。

これはもう、お国柄的な問題なのかもしれません。僕はそこまで気になりませんが…。

Shin.
Shin.

まぁ、「UNIQLO のコスパが異次元にすごい説」もあるよね。笑

サイズ感について(170㎝ / 60㎏)

ヘインズの BEEFY のサイズ選びについては、洗濯後の縮みを考慮してワンサイズアップがおすすめとされています。

Shin.
Shin.

僕は 170cm、60kg で、サイズはMにしました!(ふだんはだいたいSサイズ)

何度か洗濯を繰り返して、現在はこんなかんじです。ちょうどいいサイズ感ではないでしょうか?

そもそも着丈が短めの「ボックスシルエット」と呼ばれる BEEFY は、裾に向かってストンと落ちるので、ガタイのいい人はもちろん、華奢な人やポッコリお腹が気になる人にも似合うんですよね。

もちろん、思いっきりサイズをあげてゆるっと着るのもおすすめです!

まとめ

というわけで、僕が夏に着用しまくっている ヘインズの BEEFY についてのレビュー記事でした!

じりじりと照り付ける太陽に負けない 爽やかな白い無地のTシャツ は、誰にでも似合う最強のシンプル服ですよね。

Amazonで3,000件のレビューが付いて、なおかつ平均評価が4.4なのも納得のクオリティ、あなたもぜひ試してみてください。

それでは!

あわせて読みたい

「真っ白なTシャツ」を手に入れたら、やっぱり合わせたくなるのが「デニム」と「サンダル」ですよね!

ここでは僕が愛用しているデニムとサンダルを紹介します。デニムは残念ながら廃盤が決定したみたいですが、サンダルは今年の新作なのでぜひチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました