雨の日にもイイね。ムーンスター810s の PROO(プルー)は、汚れに強くて使いやすい「ローファータイプのスニーカー」

こんにちは、Shin( shin_plelife)です。

ついに…ついに届きました!

リリース直後から「これは絶対いい靴だ」と感じて予約、届くのを心待ちにしていたムーンスター810s の新作、PROO(プルー)です。

ここでは実際に履いてみた感想や、サイズ感などについて詳しくレビューしていきますね~!

スポンサーリンク

ムーンスター810s「プルー」

というわけでさっそく開封。シンプルなシューズボックスを開けると、出てきたのは…ローファー?それともスニーカー?

実はこれ、まさにローファーとスニーカーの「いいとこどり」で作られたハイブリッドシューズ、ムーンスター810s の2021AW新作「プルー」です!

見た目はキレイめな服装にも、カジュアルな服装にも違和感なく合わせられそうな、アンニュイな雰囲気。

大人がはきたい「黒ローファー」。キッチンシューズをルーツにした810sの新作 – UOMO より引用

色はブラックとライトグレーの2色展開。僕は合わせやすそうなブラックにしましたが、ライトグレーもなかなか目を引くデザインですよね。

810s (エイトテンス)とはどんなブランド?

知らない方のために一応説明しておくと、810s はゴム産業で有名な福岡県久留米市の老舗シューズメーカー「ムーンスター」の新プロジェクト のことです。

ムーンスターといえば、上履きや作業靴などの「専門靴」を販売していることで有名ですが、「810s」はそんなムーンスターの「専門靴」を、機能性はそのまま現代風にアレンジしたスニーカーを提案・販売する新ライン。

ちなみにブランド名は「腹八分目」を意味する「8/10(eight-tens)」から。

ちょうどいい」とか「ほどよく」というブランドイメージが込められているそうです。

どれもだいたい¥5,500~とコスパが良く、かつ機能的なものが多いので、僕もめちゃくちゃ好きなシリーズなんですよね。

Shin.
Shin.

こちらの 公式HP から、全ラインナップを確認することができますよ~!

プルーの特徴やサイズ感のレビュー

このプルーも、もともとは料理人向けに販売されていた「キッチンスター03」という厨房靴。滑りにくいソールを採用し、アッパーには油汚れにも強い人工レザーが使われていました。

【キッチンスター03をレビュー】老舗ムーンスターの蒸れにくいコックシューズ より引用

これを現代人向けにアレンジして、ローファーのようなカチッと感のあるスニーカーへとアップデートしたのが「プルー」というわけですね。

汚れに強いから、雨の日に大活躍!

なのでこの「プルー」も、キッチンシューズの特徴である 水や汚れに強い というメリットがあります。

Shin.
Shin.

僕も実際に使ってみて「あ、これイイかも」と感じたのは、雨の日でした!

通常、ローファーというのは本革でできており、雨の日に履くと革が痛んで、耐用年数がグッと短くなります。

しかしこの「プルー」のアッパーに使われているのは、本革ではなく「人工レザー」。

そのため、耐久性はバツグンで、しかもお手入れ要らず。汚れても、サッと拭けば非常に汚れに強いアッパーになっています。

ただ、開けた瞬間は「合皮臭さ」がツンと匂いました。しばらく使っていくうちに気にならなくなりましたが、始めはビックリするかもしれません。

ソールもグリップ力の高いマルチストッパーソールが採用され、油や水に濡れた床面でも滑りにくくなっています。転びにくいので妊婦さんにもおすすめですね。

ただし、人工レザーの欠点でもある「蒸れやすい」というデメリットを解消するため、シューズの横にはパンチングホールが空いています。

Shin.
Shin.

完全防水、ってわけではないみたいですね。

スラックスにも合わせやすいデザイン

と、ここまでは機能面についてご紹介してきましたが…

Shin.
Shin.

実際に履いてみると、そのデザイン性の高さに驚かされます!

もともとは厨房靴だった「プルー」ですが、そんな雰囲気は少しも感じません。ミニマムでシャープなデザインは、スラックスにもよく似合いますね。

個人的には、履き口が狭く(というかシュータンが長め?)、肌の露出が少ないのもお気に入り。

ソールがスニーカー風になっているので、カジュアルなデニムにも似合います。

ちなみにシュータンをめくるとこんな構造になっていました。ゴムなので履きやすいです。

サイズ感は「横幅がやや広め」

最後にサイズ感についてですが、やはりこういったシューズには靴ひもが付いていないので、サイズ選びは慎重にならざるを得ません。

僕はニューバランスなら26㎝、コンバースのオールスターなら26.5㎝を選びますが、今回のプルーは26㎝でジャストでした。

ちなみに公式サイトにワイズ(靴の横幅)の表記がありませんが、横幅は VANS クラシックスリッポン と比べてみても「やや広め」といった印象。

足幅が広い日本人向けのデザインですね。これなら長時間履いていても、足が痛くならなさそうです。

まとめ

というわけで、ようやく届いたムーンスター810s の「プルー」を実際に履いてみて感じたことのレビューでした!

オンラインストアで購入したので、サイズ選びがちょっと不安でしたが…オーソドックスなサイズ感で安心しました。

普段着にローファーを取り入れてみたいという方、スニーカー以外の靴に挑戦してみたい方なんかにはピッタリのプロダクトではないでしょうか?

お値段も安いので、ぜひ試してみてください。それでは!

あとがき

なんだか最近「810s」の回し者なんちゃうか、ってくらい、ここのシューズを買っていますね(笑)

UNIQLO や無印良品もそうですが、コスパがいい、日本のブランドの製品にはつい惹かれてしまうんですよね。たぶんこれからも応援し続けます。

(そろそろ嫁に「靴買いすぎ!」って怒られそう)

コメント

タイトルとURLをコピーしました